有限会社日栄建設

現場の顔

エントリーはこちら

現場の顔
「埼玉・とび・求人」

現場の顔

2021/05/29

 

工事現場でよく目にする囲い、仮囲いと言います。

仮囲いは、その現場の顔と言われて、仮囲いの出来具合で鳶の良し悪しが判断されてしまいます。

現場の脇を通る通行人に、気分良く通行してもらい、どんな建物が建つのか、楽しみに思ってもらえたらと、いう思いで

組んで行くのです。

私事ですが、街を歩いて現場を見かけると、やはりこの仮囲いが気になり、なぜこう組んだのか、自分ならどを組んだのか、あれこれ想像するのも

楽しみの一つなのです。

思いを形にできる仕事なのです

面白そう、と思ったら、気軽にお問い合わせ下さい。

「さ痛み・とび・求人」

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。