有限会社日栄建設

暫くぶりに渋谷に行くと(埼玉・とび・求人)

エントリーはこちら

暫くぶりに渋谷に行くと(埼玉・とび・求人)

暫くぶりに渋谷に行くと(埼玉・とび・求人)

2021/11/26

師走とはよく言ったものでして、今年も残すところあとひと月と数日、酉の市を皮切りに、毎年規則正しく不思議と忙しくなって参ります。

重なって、新しい現場も始まり、渋谷には一週間ぶりに行ってまいりました。

30分近く車でウロウロしながらやっとこパーキングを見つけて車を止めて、現場に向かって歩いて行きますと、街の隙間からニョキッと姿を現しました、なんだか新鮮な景色に進捗状況に心が弾みます。

中に入ってみると、コンクリートの強度も出て、サポートの解体も終わり、いよいよ高層階にむけて、エレベーターが設置され、各階にエレベーター用の養生枠を組み立てる作業が行われています。

養生枠とは、各フロアに出来るエレベーターの開口から人が落ちないよう、尚且つ扉を取り付け、人がエレベーターに乗り降り出来るようにパイプと、枠網を使い組み立ててゆくのです。このエレベーターのおかげで、建物が高くなっても、上階に人や、材料を運ぶ事が可能になるのです。一方地上では。

 

屋上に開いたスペースに足場が横になっていますが、倒れた訳では御座いません、こちらも高層階にむけて外部のセリ上げ足場を横に組み立てて、クレーンで、吊り上げながら縦に起こして、建物の外部に取り付けて行くのです。使用する業者さんが、万が一ネジひとつでも落としても、外に落ちないように、細心の注意を謀りながら組み立てていくのです。最後の最上階まで使う足場なのでここでやれること全てを横になってるうちにやっておきたいですね。

 

鳶職の仕事は、この様に一つの現場の中であっても、やる事が沢山あり、とてもやりがいのある仕事だと思います、興味のある方、お気軽に応募して来てください、(埼玉・跳び・求人)

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。